これらのETCカードは高速情報協同組合が発行しています。

これらのETCカードは高速情報協同組合が発行しています。

組合ETCカードやETCコーポレートカードは、ショップ注力でハイスピードを利用する際にその行動貸し賃から大安売りを受けることができる為、料金を削減することができて便利な位置付けだといえます。

これらのETCカードは高速情報協同組合が発行しています。

これらのETCカードは高速情報協同組合が発行しており、高速情報協同組合と組合契約を結ぶことで行動が可能となります。
ここでは、行動にあたっての総額現状に関して講評します。
高速情報協同組合と組合契約を結ぶ為には、まず、企業に加入する必要があります。

 

企業が設ける条件を満たしていれば加盟でき、加盟後述、組合締結が可能となります。加盟時には1口1万円以上の出資金を企業に預け入れることとなります。

 

行動形にて、組合ETCカードやETCコーポレートカードを契約することになりますが、この際にも各々のカードに対し、1会社辺り1万円の出資金が必要となります。これによりカードが供給可能となり、ハイスピードを利用する際に各種大安売りの恩恵を受けることができるという訳です。

 

企業に加入するショップが中小企業などを想定している為、出資金を小さく抑えて利用しやすい素地を作り出していることが感じだといえます。これらの出資金は解約時に払戻しいただける為、カード利用でのメリットが多いことに対する懸念が小さく、中小企業の仕事を多角的にアシストするという、高速情報協同組合の信念に沿ったものであるといえます。

 

 

高速情報協同組合の位置付けをはじめて知ったショップやまだまだ加入していないショップは、検討してみるのもよいかもしれません。

トップへ戻る