法人のETCカードが作りづらい訳

法人のETCカードが作りづらい訳

全国で日々10万社という新組織が所持浴びるからです。

法人のETCカードが作りづらい訳

社を所持すると色々なアイテムを「組織名義」に作ったり、変えていきます。

 

通帳だったり呼出加入だったりクルマだったり、色々です。

 

ただし、ここが今度は難しいところ。

 

新社は「組織加入」が酷いのです。

 

何故か?

 

●実績がないと金額は貸せません。

 

●実績がないとカードは供給できません。

 

だって、破綻したら後始末できなくなるワケですから。

 

軒並みならどうします?
やっと会った人から「金額貸して」って言われたら。

 

長い社交(歴史)で信用できる知り合いなら
貸すかもしれませんけどね。

 

 

さて、ETCカードですがハイスピードをETCで通過すると
ディスカウントやり方があります。

法人のETCカードが作りづらい訳

安くなるなら絶対にETCカードですよね。

 

だが組織名義のETCカードも供給が耐え難い。

 

何故か?ETCカードってクレジットカードに付いて来ますよね。

 

実績がないからクレジットカードが供給できない。
つまりETCカードも手に入らない。

 

つまり、新組織はなんだか組織名義のETCカードがゲットできないというワケです。

 

世の中には耐える社様が必ずやたくさんあるし、

 

これからも弱る社どんどん生まれてしまう。

 

日々10万社。

 

月に8,000社という社が設立されては

 

「本当にETCカードが手に入らないは!(泣)」

 

・・・って意外なところで耐えるワケです。

 

そこが皆さんのビジネスチャンスだ。

 

 

ハイウェイ通知合作組織は新社へのETCカードの供給を積極的に行っております。

 

 

ようやく手掛ける。今も頑張っている。

 

社を大きくしたい。

 

そういう方々がたくさんいます。

トップへ戻る